LogoMark.png

デザイン関連学会シンポジウム/2021

2021年度 デザイン関連学会シンポジウム

 

デザインの始原


開催の主旨

現在、デザインの対象は多岐にわたり、対象への近接方法もまた多様である。またデザイン行為と密接に関連する領域も、コンピューティング、ビジネス、食、医療福祉、行政、教育、法律、倫理、と拡がりを見せている。既に「デザイン」の一語が何を指し示しているのか、一人ひとりによってその理解や解釈は大きく揺れ動く状況にある。
 そんな現在にあって、デザイナーやデザイン研究者たちはなにを「デザインの始源」として捉えてきたのだろうか。そしてそこに、デザインの普遍的な基礎を見出すことはできるのだろうか、それともなにをもって「デザインの始源」とすべきかは、時代により遷り変っているものであろうか。だとすれば 我々はいまなにを「デザインの始源」として見出すべきだろうか。
 デザイン実践、デザイン史、デザイン教育、デザイン方法論をはじめとした多様なバックグラウンドを持つ各学会のメンバーからの発表とディスカッションを通じて、「デザインの始源」、デザインが立ってよるべき根源的な視座を問いたい。

萩原周・水内智英|名古屋芸術大学、基礎デザイン学会


日時・場所



当日のスケジュール


13:00 - 13:30|関連学会会議(デザイン関連学会担当者)


13:30 - 14:00|パネリスト打ち合わせ


14:15 - 16:15|パネルディスカッション

デザイン関連学会




PAGES

GUIDE

Last-modified: 2021-09-13 (月) 16:02:05