LogoMark.png

conference/2021/1127

2021年度 秋期大会

2021.10.15更新


社会の変化と、次なるデザイン

全世界を未曾有の窮地に追い込んだコロナ禍や、気候変動に伴う多くの災害、分断と格差などの多様な問題が顕在化する中、脱炭素化や、デジタルトランスメーション、自然との協調に向けての活動などによって、社会が大きく変化しようとしています。

社会にどのような変化が起ころうとしているのか、社会の変化をどのように捉えるのか、その中での、次なるデザインの兆しや、未来に向けての芸術工学の役割とは何かを考え、多様な視点を学ぶことを、秋期大会のテーマとして掲げることと致しました。



芸術工学会 2021年度 秋期大会 開催概要

今年度の秋期大会は新型コロナ感染対策を鑑み、ZOOMによるオンラインでの開催となります。

当日会場入り口conference/2021/1127/限定(要ログイン)
ログイン情報は、参加エントリーされた方にメールにてお送りします。



プログラム

(準備中)



エクスカーション


大阪デザイン再発進

ー 大阪中之島美術館の開館と大阪デザインセンターのリニューアル

来年2月に開館を予定している「大阪中之島美術館」は、デザインにも力をいれた活動を展開されます。また11月には、創立60年を迎え大阪のデザイン振興を担ってきた「一般財団法人 大阪デザインセンター」が船場に新しい施設をオープンします。

秋期大会のオンライン・エクスカーションは、美術館準備室と新生大阪デザインセンターをお訪ねし、館長の菅谷富雄さん、そして理事長の越田英喜さんのお話をお伺いすることともに、施設の進捗状況等を紹介します。



研究発表

研究発表受付や梗概提出のスケジュールは以下となります。

芸術工学会2021 秋期大会実行委員会






PAGES

GUIDE

Last-modified: 2021-10-15 (金) 13:16:50