LogoMark.png

特集企画・学会誌82号に関するご案内

file特集企画_学会誌82号案内.pdf

特集企画・学会誌82号

芸術工学会会員の皆様へ


齊木 崇人(芸術工学会会長)      
小林 敬一(研究委員長)        
相良 二朗(2020年度秋期大会実行委員長)

「ポストコロナ社会における芸術工学の役割」原稿募集のご案内

芸術工学会会員の皆様は、COVID-19の社会への影響が深刻化する中、自分の置かれている状況に順応しながら、新しい日常を求めて日々奮闘されていることと存じます。

芸術工学会では3月末に発行する学会誌82号に、「ポストコロナ社会における芸術工学の役割」と題した特集を企画し広く学会員に誌上参加をお願いすることとなりました。

かつて、時代の変化の大きな節目で誕生した芸術工学が半世紀を経て新たにCOVID-19の大きな影響を受けつつ、気候変動や感染症のパンデミック、情報技術の急激な進展などがコミュニケーションやコラボレーションの方法を大きく変えようとしています。

そこで、COVID-19とともに生き、これからの「新たな時代」を希求する学会員がそれぞれの想いを下記の3つの問いかけに答えて、芸術工学のこれからを共有したいと思います。

奮って投稿いただき、コロナ禍の現在を共有し、学会誌誌上でコミュニケーションとコラボレーションの機会を創出したいと思います。

投稿要領は以下の通りとします。

以上、宜しくお願いします。

関連資料(要項・InDesignフォーム)

PAGES

GUIDE

添付ファイル: fileSDA82特別企画・フォーマット.indt.zip 95件 [詳細] file特集企画_学会誌82号案内.pdf 130件 [詳細]
Last-modified: 2021-02-02 (火) 17:15:14