LogoMark.png

デザイン関連学会シンポジウム/2022

2022年度 デザイン関連学会シンポジウム

2022.09.22 更新

デザインの哲学
〜日本の豊かさを再考する




日時・会場

主旨

デザイン関連学会シンポジウムは,日本デザイン学会,意匠学会,芸術工学会,道具学会,基礎デザイン学会(幹事学会順)という日本のデザインに関わる5学会の共催により,毎年,哲学を主なテーマとして実施している.このシンポジウムは, 2016年に実施した日本デザイン学会秋季企画大会において,各学会長が集い,「デザインの哲学 〜豊かさを再考する」をテーマに議論したことがきっかえとなり,スタートした.そしてそれ以降,各学会が幹事となり本シンポジウムが実施され,一巡したことを受け,ここに再度,本学会秋季企画大会とともに実施する.

テーマは,2016年に実施したテーマを継承する.なお,今回は,日本における豊かさと日本独自のデザインの在りようにフォーカスし,再考する.激動するグローバルな社会情勢,変革する科学技術,資本主義下における価値観と産業の在りようなどを背景とし,人々の豊かさを再考する.それにより見えてくるこれからのデザインの在りようについて,日本のデザイン界における知のコンシリエンスが結実することを期待する。




プログラム

デザイン学会 |オンサイト

デザイン関連学会シンポジウム|オンライン

各学会長が語るこれまでとこれから 13:00 - 14:25

パネルディスカッション 14:30 -1 7:50

閉会式

PAGES

GUIDE

Last-modified: 2022-09-22 (木) 14:58:32