PAGES

GUIDE

DATA

パッケージのラベルに関する
異なる言語による製品価値の作用

カムチョンプー・スリーポン、田中隆充

The Perception of Product Value Based on Different Languages on Packaging Labels
KAMCHOMPOO Suleeporn & TANAKA Takamitsu
受理 2014/06/09、採用決定 2014/10/07【画像デザイン】

要約

 本研究の目的は、パッケージのラベルに異なる言語を使用した場合、ユーザがそのパッケージに対して、どのような効果を見いだすかを確認することにある。その後、18才から25才までの大学生を対象にアンケートを、台湾人、日本人、タイ人それぞれ105名、合計315名に対して行った。アンケートの集計結果は分散分析を基軸に行い、大きく3つの事項が分かった。1つは、パッケージデザインで最もユー ザに影響力のある言語は英語であった。ほとんどのユーザに英語の表記は製品に高い付加価値を与えていると考える。次に、ユーザの国籍によってパッケージのラベルに使用されている言語が与える作用は異なる点である。3つ目はパッケージのラベルに英語以外の言語に加え、英語を組み込んだとしてもユーザは高い価値をパッケージからイメージすると考えられる。



Last-modified: 2017-06-13 (火) 19:19:58 (643d)