PAGES

GUIDE

DATA

学術論文等のインターネット公開指針

2011年7月2日制定

  • 目 的
    本指針は、学術論文等のインターネットを活用した公開の指針を定めるものである。
  • 方 針
    インターネットを活用し、学術論文等をホームページ上から自由に閲覧・ファイルコピーが出来るサービスを、会員のみならず一般の方々にも行うことを基本方針とする。
    ただし、公開にあたっては会員に対するメリットについても十分考慮する。また、出版活動を阻害することのないよう配慮する。
  • インターネット公開のルール
    • 1 一般公開 学術論文等のタイトル、著者、所属機関、キーワード、書誌データ及び抄録(以下、学術論文等)は採用が決まったものを順次一般公開とする。
    • 2 ただし当該委員会において例外扱いとしたものはその限りではない。
  • インターネット公開の仕組み
    学術論文等は芸術工学会ホームページで公開する。
    上記に加えてスキャンニングして作成した画像データ(pdfファイル)は国立情報学研究所の公開サービス(CiNii)により公開する。
  • 公開の周知と著作権の処理
    公開にあたっては、事前に芸術工学会誌や学会ホームページなどで周知をはかる。
    著作(財産)権は本会に帰属(譲渡)する。
    著作権の学会委譲が確立していない時期(2010年以前)の論文については、本指針に準ずるものとするが、申し出があれば、非公開とするなどの措置を取る。
  • 担当委員会
    本事業の担当委員会は、研究委員会とする。
  • 指針の改正
    本指針の改正は、理事会の承認により行う。
  • 附 則
    この指針は、平成23年7月2日から施行する。




Last-modified: 2017-06-20 (火) 11:25:43 (92d)