PAGES

GUIDE

DATA

芸術工学会奨励賞

 
20172016201520142013201220112010
200920082007



今年度より芸術工学会奨励賞の申請方法が変更となりました。
(今年度の選考委員会登録は2月28日をもって終了致しました)

ねらい

  • 芸術工学教育に携わる大学等において行われた卒業研究(論文・制作等)、修士研究(論文・制作等)に対し、芸術工学研究として優れたものあるいは将来性の高いものを表彰し、芸術工学の発展を促すものである。

対象

  • 各大学等および大学院で行われた卒業研究、修士研究。
  • 大学等とは大学および高等専門学校、同専攻科、短期大学、専門学校(高校卒業後2年、4年)。
  • 受賞者は学会員である必要はない。

選考手続き

  • 各大学等の学部、学科等の単位において、本学会員1名以上を含む教員3名で構成する選考委員会を設けること。そのメンバーをあらかじめ登録(所属学科コース等、氏名、職位)すること。登録期間は2月1日から2月28日までとする。

 選考委員会の登録先はこちら

  • 選考委員会を構成する教員は、本学会会員となることが望ましい。
  • 選考委員会は作品1点を推薦することができる。選考委員会は推薦作品についての情報(作品名、作者氏名、所属、推薦理由)を登録の上、作品の概要をまとめたA4原稿(芸術工学会誌掲載用)を提出すること。提出期限は3月15日。(A4原稿に不備があった場合は差し戻しを求める、再提出期限は3月31日)

選考基準 

  • 学生等の行う芸術工学研究として優れたものあるいは将来性が高いと考えられるものを、選考委員会の推薦に基づき、研究委員会での協議によって決定する。

表彰

  • 本学会から賞状を贈る。(選考と賞状の発送についてはA4原稿の受理から2週間が必要)表彰は各単位において行なっていただく。
  • 表彰作品の紹介パネルを本学会春期大会会場において展示し、A4原稿を本学会会誌(秋期大会誌)に掲載する。掲載誌は受賞者に贈る。

選考(受賞)にあたって

  • 本学会会誌(秋期大会誌)に掲載する作品の概要をまとめたA4原稿を選考委員会 申請担当者を通じて3月15日までに提出すること。
  • 本学会春期大会会場での展示用にA1パネル1枚(厚さ5mmもしくは7mmの貼りパネあるいはスチレンペーパーでパネル化すること)を作成し、3月31日までに提出すること。

公表

  • A1パネルは春期大会にて展示し、A4原稿は学会誌秋期大会号(おおむね10〜11月頃発行)に掲載する。

その他

  • A1パネルの作成および送付費用は各選考単位において負担する。大会展示後に返却希望の方は予め申し出て頂き、その送付費用は各選考単位において負担とする。

登録・提出先等

研究委員会・奨励賞担当

富山大学 有田行男 arita@tad.u-toyama.ac.jp


芸術工学会奨励賞受賞に関するA4原稿、A1パネルの制作について

芸術工学会誌に掲載される「A4原稿」および春期大会会場で展示される「A1パネル」の提出は選考委員会および受賞者の責務とする。

A4原稿のフォーマット

  • A4縦使いの1枚(1頁)とする。
  • A4原稿は、芸術工学会誌掲載の投稿論文フォーマットに合わせて作成のこと( [投稿フォーム] を参照)。
  • 選考手続き時に提出が必要。提出期限は3月15日。
  • 芸術工学会誌での掲載はモノクロとする。

A1パネルのフォーマット

  • A1縦使いの1枚とする。
  • フォーマットは自由とするが、所属(選考単位まで)、氏名を記入のこと。
  • パネルは、縁やカバーをつけず、厚さ5mmもしくは7mmの貼りパネあるいはスチレンペーパーでパネル化すること。(「A4原稿」の共用も可)
  • 提出期限は3月31日。






Last-modified: 2019-03-04 (月) 13:32:15 (76d)