PAGES

GUIDE

DATA

博士論文公開発表会のご案内

九州大学大学院芸術工学府の学位(博士)論文の公開発表会(公聴会)を
以下のように開催します。
デザイン関係では必見の内容ですので、関心のある方はご参加ください。

『筑紫新聞』第壱號の版式と文字に関する研究

本研究は、1877年に発行された西日本新聞の始祖である「筑紫新聞」を
分析し、版式と文字の出自を解明したものです。

  • 発表者:大串誠寿(西日本新聞社)
  • 6月4日(水)16:30〜
  • 九州大学大橋サテライト(西鉄大橋駅東口側歩2分)

アイソタイプからピクトグラムへ(1925―1976)

本研究は、オットー・ノイラートが考案したアイソタイプについて、
展開、普及、影響の3つの側面から考察したものです。
最近、世界の研究者の共著で“ISOTYPE”を出版し、注目されています。

  • 発表者:伊原久裕(九州大学芸術工学研究院准教授)
  • 6月6日(金)17:00〜
  • 九州大学大橋サテライト(西鉄大橋駅東口側歩2分)



Last-modified: 2017-05-27 (土) 18:49:52 (600d)